総合救急部では卒後臨床研修センターや各部署の協力を得て、

教育者として有名な講師陣を積極的に招聘してレクチャー、

症例検討会を行っております。

寺澤秀一

一宮西病院総合救急部臨床教育顧問。​福井大学地域医療推進講座教授。北米型救急を日本に定着させた第一人者。研修医必携の『研修医当直ご法度』(三輪書店)は初版より20年以上続くロングセラー、救急外来における研修医教育においても第一人者。一宮西病院では、年間複数回の症例検討会、レクチャーを行う。 

青木眞

感染症コンサルタント。米国感染症専門医。カンファレンスやレクチャーではGeneralistとしての視点を伝えながら感染症教育活動を行っている。不朽の名著である『レジデントのための感染症診療マニュアル』(医学書院)は第3版になっている。 

Joel Branch

湘南鎌倉総合病院臨床教育部長。ロイヤルカレッジ・オブ・フィジシャン。PBL(Problem Based Learning)教育を日本に定住して行う。著書に「Dr.ブランチのケースカンファレンスLIVE」(羊土社)がある。 

​坂本壮

順天堂大学練馬病院救急・集中治療科。救急診療における原則を丁寧に解説した「救急外来ただいま診断中!」(中外医学社)は業界に坂本壮旋風を巻き起こしている。著書に「ビビらず当直できる内科救急のオキテ」(医学書院)「」救急外来診療の原則集ーあたりまえのことをあたりまえに」(シーニュ社)がある。 

​招聘講師一覧

社会法人杏嶺会 一宮西病院 ​総合救急部
​(代表)0586-48-0077