Credit

Editing Director 安藤裕貴

Director 松川展康

​Author 後藤縁,渡邉紀博,前田遥,山田真生,松川展康,萩原康友,柳内愛,蜂矢康二

ELITEコース

主訴別コース

ELITE(Ekisai Life-threatning Triage)コース

ELITEコースは年間40,000人の救急患者が来院する超多忙な救急外来を抱える名古屋掖済会病院救急科において、伝統的に行われていたコースです。もともとは研修医の進級試験として運用されていたものを、ブラッシュアップされ使用されています。

主訴別トリアージを医師が行い、短時間で適切な対応をできるように開発されたものです。

コース収載されている主訴

・ショック

・胸痛

・吐血/下血

・頭痛

・腹痛

・呼吸困難

・痙攣/麻痺

名古屋掖済会病院とは

名古屋市南西部にある総合病院で、昭和53年に東海地区第一号の救命救急センターの認可を取得し、救急搬送数8,500台超、総患者数約40,000人を年間に受け入れています。

救急医療体制はER型救急で、救急科医師は救急外来と病棟をかけもっています。周囲を幹線道路に囲まれ、工場地帯という地域的な特性からか外傷患者が多く、外傷データバンクによると全国2位の重症外傷を受け入れています。また、介護施設などの高齢者施設が林立し、比較的ヘルスケアリテラシーが高くない周辺環境もあり、重症内科疾患が突出して多く搬送されています。心肺停止患者の受け入れ数は年間350件前後で推移し、東海地域でもトップクラスの搬送数となっています。

またエキサイカイといえば「あの、災害の」と言われるほど、DMATの活動が盛んです。DMAT隊員数だけで25名以上が在籍し、災害時には最大で6チームを形成することができます。メンバーの中にはDMATのインストラクターとして活躍するものも多く、意識が高いだけでなく、東日本大震災や熊本地震など多くの災害現場で本部機能などの中枢を担っています。

​このように豊富な症例を抱えている環境から、臨床医のトレーニングの場や臨床研究の場としては、宝の山と形容されることもあり、同院で研鑽を積んだ医師は教授職や海外の救急部長職、あるいは救命救急センターの部門長、総合診療領域のリーダーとなる者が多数います。

社会法人杏嶺会 一宮西病院 ​総合救急部
​(代表)0586-48-0077